« 文月十九日の歌 | トップページ | 文月二十一日の歌 »

2007年7月20日

文月二十日の歌

羽田より見えぬ道筋辿りつつそろりそろりと昇る旅客機


0707201

昨日は、妻が友人と一緒にベイエリアに行って、ゆりかもめに乗ったり、水上バスに乗ったりして楽しんできたそうだ。

そして今日は私が、仕事でベイエリアに行った。ゆりかもめには乗ったが、水上バスには乗れなかったのが残念だ。

有明の辺りは羽田に近いので、しょっちゅう旅客機が上り下りしている。一見、とてもゆっくりと見えるので、あんなのが飛ぶのは不思議な気がするほどだ。

自分が飛行機でどこかに行くときなど、窓から見下ろすと、航路によっては、今日私が行ったあたりの光景がしっかりと見えることがある。

今飛び立っていく飛行機からも、私のいる辺りが見えているのだろうと思うと、ちょっと不思議な気がしてしまう。

|

« 文月十九日の歌 | トップページ | 文月二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十日の歌:

« 文月十九日の歌 | トップページ | 文月二十一日の歌 »