« 文月二十二日の歌 | トップページ | 文月二十四日の歌 »

2007年7月23日

文月二十三日の歌

その昔海なりし頃この道に海豚の我は迷ひたるなり


0707231

今日は仕事で千葉の近郊、四街道に行った。高速道路を利用するようなルートでもなく、かなり時間のかかりそうな気がしていたが、カーナビの言うままに行くと、二時間かからずに到着。

利根川を横切り、関東ローム層の平坦な台地っぽい田舎道を辿って、印旛沼のほとりを通過して千葉市に近づいて行くにつれ、今度は起伏の多い道になる。

この辺りは、多分昔は海だったんだろう。こんもりとした盛り上がったところは、島だったんだろうか。そんなことを考えながら、上ったり下ったりしているうちに、いつの間にか目的地に着いた。

雨は朝のうちにちょっと降ったが、あとはほとんど曇り空。昼頃にもう一度少しだけ降ったようだが、屋内にいたので気付かなかった。だんだん晴れ男に戻りつつあるようだ。

 

 

|

« 文月二十二日の歌 | トップページ | 文月二十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十三日の歌:

« 文月二十二日の歌 | トップページ | 文月二十四日の歌 »