« 文月二十三日の歌 | トップページ | 文月二十五日の歌 »

2007年7月24日

文月二十四日の歌

ひさかたの光に映ゆる夏の樹を僅かに揺らす風も凪ぎたり


0707241

久しぶりの快晴だ。自分の和歌日記を辿ってみると、晴れらしい晴れは、七月八日以来、快晴は先月の二十七日以来のようだ。

ただ、近畿地方は梅雨明けが発表されたが、東日本はまだだ。快晴は今日限りのようなのだ。

今年は珍しく気象庁発表の季節予報を真に受けてしまい、もうひとつのブログ、"Today's Crack" の方で 「この夏は、猛暑で小雨になりそう」 というエントリーを書いてしまったが、これまでのところでは、完璧に 「ハズレ」 である。

やっぱり中長期予報というのは当てにならないのか。ただ、「少雨」 ということに関しては、もう 「ハズレ」 が確定しかけていると思うが、「猛暑」 の方は、まだまだこれからどうなるかわからないので、油断できない。

 

 

|

« 文月二十三日の歌 | トップページ | 文月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十四日の歌:

« 文月二十三日の歌 | トップページ | 文月二十五日の歌 »