« 文月六日の歌 | トップページ | 文月八日の歌 »

2007年7月 7日

文月七日の歌

黒雲の厚く流るる夕暮れの恋こそ潜め見えぬ銀河に


0707071

世の中では、今日が七夕だなどと言われているが、私は頑として認めていない。誰が何と言おうと、梅雨も開けないうちの七夕なんて、あり得ない。

少なくとも、七夕は月遅れの八月七日で祝う方がいいし、もっと言えば、本来の旧暦七月七日 (今年でいえば、新暦の八月十九日) にするのがいい。

今日は、旧暦では五月二十三日。五月雨の時期なのである。本来の七夕は、まだ一ヶ月以上先だ。

日の暮れるのが早くなって、夜が長くなり、水蒸気たっぷりの夏の夜空から、清かに澄み渡る秋の夜空に変わり始める頃が、本当の七夕である。

写真が今日の夕暮れの空。これでは、織り姫と彦星に気の毒というものじゃないか。

|

« 文月六日の歌 | トップページ | 文月八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月七日の歌:

« 文月六日の歌 | トップページ | 文月八日の歌 »