« 葉月九日の歌 | トップページ | 葉月十一日の歌 »

2007年8月10日

葉月十日の歌

聞こえ来る方角ごとに数ふれど数へきれなき蝉の声降る


酒田に来ている。母の新盆の直前だが、十日が命日なので、昼前に坊さんが来て、お経を上げてくれた。

朝のうちに、父と一緒に墓参りを済ませておいた。どうも虫の知らせで、早く済ませておいたほうがいいような気がしたのである。

案の定、坊さんが帰るあたりから大雨になった。天気予報では曇りで、降水確率は二十パーセントだったのだが、どうみても二十パーセントという降り方ではない。

早く墓参りに行っておいてよかった。

雨が止むと、庭に面した引き戸の網戸に、セミがやってきて、かなり長い間止まっていた。生きて止まっているセミを腹の側から見るというのは、なかなか珍しいことである。

この辺りはセミが多い。夜になっても、公園の明かりで勘違いしたセミが急に鳴いたりする。

|

« 葉月九日の歌 | トップページ | 葉月十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月十日の歌:

« 葉月九日の歌 | トップページ | 葉月十一日の歌 »