« 葉月二十日の歌 | トップページ | 葉月二十二日の歌 »

2007年8月21日

葉月二十一日の歌

この街になきものなれば一本の大樹となりて風を呼びたし


0708211

いやはや、暑い。東京は今日も猛暑日だったろう。朝、神田駅から下町の路地を歩いているだけで、頭がくらくらするほどだ。

予報では、今月末まで真夏日が続くらしい。やれやれ。

オフィスの中に入っても、ビルの外壁が熱くなりきっているせいか、冷房をそこそこ利かせていてもじっとりと汗ばんでしまう。

いつもの年なら、お盆が過ぎれば行く夏を惜しむような感慨にとらわれてしまったりすることもあるのだが、今年に限っては、全然そんな感傷的な気分にならない。さっさと秋になってくれることを願うばかりである。

 

 

|

« 葉月二十日の歌 | トップページ | 葉月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十一日の歌:

« 葉月二十日の歌 | トップページ | 葉月二十二日の歌 »