« 葉月二十七日の歌 | トップページ | 葉月二十九日の歌 »

2007年8月28日

葉月二十八日の歌

夏の日の真白き光和らげば吹き抜けに射す黄昏の色


0708281

天気予報では昨日が 「暑さの峠」 なんて言っていたのに、なんだ、今日もしっかり暑かったじゃないか。日が暮れてからは、少しは涼しくなったが、日が暮れたのだもの、これぐらい涼しくなってくれなきゃ、困る。

とはいいながら、明日の気温は二十七度ほどになると予想されている。ずいぶん急に下がるものだ。

実は今日から明日まで、某展示会に関わっている。初日の日程が閉幕して、会場の吹き抜けから見下ろすと、来場者が三々五々帰るのが見える。

この吹き抜けは、日中はさんさんと日が当たってまぶしいほどだったが、日が暮れると急に黄昏色に染められる。

さて、明日は雨になるそうだから、今日よりは人手が落ちるだろうか。

|

« 葉月二十七日の歌 | トップページ | 葉月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十八日の歌:

« 葉月二十七日の歌 | トップページ | 葉月二十九日の歌 »