« 葉月十一日の歌 | トップページ | 葉月十三日の歌 »

2007年8月12日

葉月十二日の歌

立ち昇る蒸気の中に我はゐて五十余年の夏を見下ろす


今日は忙しすぎて、写真を撮っている暇がなかったので、昨日撮影した鳥海山の写真で失礼。昨日のがクローズアップ、今日のが遠景だ。

空の上の方は真っ青だが、下の方は立ち上る蒸気で白っぽい。あれはまさに、湯気である。

朝に酒田を発ち、仙台で妻の親戚廻りをして、夜になってつくばの里に戻ってきた。

今回の東北の暑さは大変なものだった。途中で、寒河江の道の駅に寄った時などは、肌が焼け焦げそうな勢いの暑さだった。

仙台はあまり極端な暑さになることのない土地だが、今日は大変な日射しで、頭がクラクラしそうだった。

夜になって帰ってきたつくばは、東北ほどの暑さじゃないような気がする。それでも、天気予報をみると、あしたは三十四度になるという。やっぱり暑さは変わらない。

ただただ、暑い暑いと言いっぱなしの四日間だった。

|

« 葉月十一日の歌 | トップページ | 葉月十三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月十二日の歌:

« 葉月十一日の歌 | トップページ | 葉月十三日の歌 »