« 葉月二十六日の歌 | トップページ | 葉月二十八日の歌 »

2007年8月27日

葉月二十七日の歌

セルロイドの哀しき色のかざぐるま路地裏に待つ吹かぬ秋風


0708271

今日が 「暑さの峠」 なんだそうだ。ということは、今日の暑さを通過すれば、明日からは少しずつでも涼しくなると期待していいのだろう。

ただ、あまり大層に期待すると、裏切られた時にショックが大きいだろうから、ほんの少しだけの期待にしておこう。

そう思って、Goo の天気予報をみると、東京は明日以後も三十度以上の真夏日が続くことには変わりないようだ。まあ、三十度とか三十二度ぐらいなら、三十五度に慣れた身には、まだ楽だろうが、それでも、やはり 「ほんの少しだけ」 の期待にとどめておく方がいいかもしれない。

取手駅に行くいつもの道に、どういう趣向か、門の前の小さな花壇に風車を四本立てている家がある。ところが、風の通りにくい路地なものだから、この風車、まともに回っているのを見たことがない。

ああ、涼しい風が欲しい。

|

« 葉月二十六日の歌 | トップページ | 葉月二十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十七日の歌:

« 葉月二十六日の歌 | トップページ | 葉月二十八日の歌 »