« 長月五日の歌 | トップページ | 長月七日の歌 »

2007年9月 6日

長月六日の歌

吹きつくる野分の雨は遙かなるわたつ海より燃ゆる力か


いよいよ台風が近づいてきた。

朝のうちは、それほど大雨が降っていたわけじゃないが、朝の常磐線が少しだけ遅れた。多分、関東北部の山沿いで既に大雨になっているので、中長距離電車に遅れが出て、その分、通勤電車もあおりを食ったのだろう。

夕方の帰宅時は、何とか切り抜けて無事につくばの地に着いたが、駅前のペデストリアンデッキはがらんとしている。帰宅して八時を過ぎた頃から、かなり風雨が強まってきた。

九州あたりで体力を消耗した台風じゃなく、一番元気のいいままでの関東直撃なので、風の音の雰囲気がちょっと違う。まるで地鳴りのような音がするたびに、家が揺れる。

明朝までが山場のようなので、大きな被害を残さず通り過ぎてもらいたい。

|

« 長月五日の歌 | トップページ | 長月七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月六日の歌:

« 長月五日の歌 | トップページ | 長月七日の歌 »