« 長月二十五日の歌 | トップページ | 長月二十七日の歌 »

2007年9月26日

長月二十六日の歌

朝の茶事電車で始め昼時を過ぎてペットボトルを干したり


ペットボトルで飲料水を持ち歩かないと、体が干からびてしまうような気がする。とくに、今年の夏は大変な暑さだったので、常に水分補給を心がけていた。

私のご贔屓は、伊藤園の 「おーいお茶」 である。ペットボトル入りのお茶ではいろいろな商品が出ているが、結局はこれが老舗だけあって、一番クセがなくて飲みやすいと思う。

家に 「おーいお茶」 が段ボール入りで買いだめしてあって、いつもそれを持って外出するのだが、今日はそれを忘れた。取手駅のホームの自動販売機をみると、「おーいお茶」 がない。その代わり、同じ伊藤園で 「朝の茶事」 という商品がある。

「こんなんで 『朝のチャージ』 なんて読ませるんだとしたら、悪趣味な缶コーヒーっぽくて嫌だな」 と思ったが、ちゃんと 「あさのちゃじ」 だそうで、ほっとした。なんでも朝の茶会ということで、古くからある言葉だそうだ。ほほう。

|

« 長月二十五日の歌 | トップページ | 長月二十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十六日の歌:

« 長月二十五日の歌 | トップページ | 長月二十七日の歌 »