« 長月二十九日の歌 | トップページ | 神無月一日の歌 »

2007年9月30日

長月三十日の歌

風吹かぬ日向を選び丸まりて猫はまどろむ極楽の淵


301_3

昨日は二十度そこそこの 「肌寒さ」 だったが、今日はそれを下回っている。もう 「肌寒さ」 というより、「寒さ」 と言い切ってしまおう。

たった三日間のうちに、真夏から晩秋までを一気に辿ってしまった。なんとまあ、極端なお天気である。

我が家の猫は、夏の間は風通しのいい日陰を選んで、長々と寝そべっていたが、今日は冬モードだ。すっかり丸くなってしまっている。

猫を見ていると、天気がよくわかる。夏は一番涼しいところに陣取り、冬は一番暖かいところから動かない。

|

« 長月二十九日の歌 | トップページ | 神無月一日の歌 »

コメント

お久しぶり!愛しのクロちゃん!
ここに、君の熱烈なファンが居ることを忘れないでね!

そうです、猫は一番敏感ですね!
うちのウラオモテシマネコも、連れ合いの布団の上です!
晩秋の感が深いこのごろです!

投稿: 歩遅子 | 2007年9月30日 22時52分

歩遅子 さん:

離れた所にファンがいるなんて、我が家の猫は果報者です。

ウラオモテシマネコくんも、やっぱり似たようなところがお好きのようですね。

ところで、そちらのサーバのトラブル、ご苦労様です。早く復旧できるといいですね。

投稿: tak | 2007年10月 2日 07時49分

冷秋不絶雨蕭蕭 冷秋絶えず、雨、蕭蕭
終日閉門託寂寥 終日、門を閉ざして寂寥をかこつ
無訪無信只弄筆 訪う無く、信(便り)無く只筆を弄すれば
長伸緞上睡家猫 長伸、緞上に、家猫は睡る

・・・とまぁ。こんな風です!
私、ど~~~しても<夢二の黒猫>にあこがれます!
いいですね~~真っ黒って!ロマンチック!!

そそ、サーバーの件、忝く存じます。
今、引越し中ですが、管理人繁忙につき、
ぼちぼちでございます。

投稿: 歩遅子 | 2007年10月 2日 11時09分

歩遅子 さん:

漢詩をゆっくり読んでからと思っているうちに、レスが遅れました。すみません。

高校の授業の頃から、「漢文」というのは、あまりにも世界が広大すぎて手に負えないような気がしていて、意識して深入りしないようにしてましたが、やっぱり、もう少し勉強しておくんだったかなと、今頃になって思います。
(でも、もう遅い)

投稿: tak | 2007年10月 4日 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月三十日の歌:

« 長月二十九日の歌 | トップページ | 神無月一日の歌 »