« 長月二十日の歌 | トップページ | 長月二十二日の歌 »

2007年9月21日

長月二十一日の歌

駅に着けば待宵月は照りゐたり仰角四十五度の夜空に


名古屋への日帰り出張から戻り、ようやく取手駅に着いた。出張とは言っても、名古屋駅に隣接したホテルの一室での会議に出席しただけだから、名古屋の街は全然見ていない。

取手駅の西口から見上げると、半月(上弦の月) を一日分だけ膨らませた月が出ている。月齢は九を越えて、十に近い。こういう月をどう呼んだらいいのか知らないのがもどかしい。

まあ、こうした秋の月を総称して待宵月というらしいのだが。

ところで、月齢が十に近いということは、あと少しで中秋の名月ということだ。ちょっと調べてみたら、今月の二十五日がそうらしい。まだまだ日中は暑いので、中秋の名月が近いなんてことは、今の今まで、すっかり忘れていた。

|

« 長月二十日の歌 | トップページ | 長月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十一日の歌:

« 長月二十日の歌 | トップページ | 長月二十二日の歌 »