« 長月八日の歌 | トップページ | 長月十日の歌 »

2007年9月 9日

長月九日の歌

むせぶほどの緑の残る坂東の彼方の空に白雲は湧く


またしても真夏日。九月になったら少しは秋らしくなると思っていたが、それは朝晩だけで、昼間は相変わらず暑い。

三十四度とか三十五度に体が慣れてしまったとはいえ、いつまで耐えなければならないんだと、つい弱音を吐きたくなるではないか。

あの入道雲は何なんだ。かっと照りつける太陽の熱さは何なんだ。そろそろ秋らしくなってくれてもいいんじゃないかと思う。

週明けは天気がぐずついて、東京も三十度を下回るという予報だが、今週の金曜日から、久しぶりで高知に行く。高知は相変わらず三十二度ぐらいが継続するらしい。やれやれ。

|

« 長月八日の歌 | トップページ | 長月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月九日の歌:

« 長月八日の歌 | トップページ | 長月十日の歌 »