« 長月二十七日の歌 | トップページ | 長月二十九日の歌 »

2007年9月28日

長月二十八日の歌

スーパーの棚に並びし総菜の隙間の徐々に増す日暮れ時


このところ少しは涼しい日が続いていると思っていたが、今日は突然真夏日に戻った。日が暮れて、かなり強い風が吹いているが、それはなま暖かい風である。

そして、明日の最高気温予想は、またまた突然九度も下がり、二十二度だそうだ。なんとあわただしいことだろう。

日の暮れた郊外のスーパーの駐車場。遅い夕食の買い物をする人たちの車がずらりと並んでいる。

帰宅する前にちょっと買い物に寄るという人が多い。この時間の買い物となると、ほとんどは素材ではなく、調理されたお総菜ということになるのだろう。

|

« 長月二十七日の歌 | トップページ | 長月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十八日の歌:

« 長月二十七日の歌 | トップページ | 長月二十九日の歌 »