« 長月二十四日の歌 | トップページ | 長月二十六日の歌 »

2007年9月25日

長月二十五日の歌

中秋の雲間に出づる名月の満月ならざる年も名月


今日は中秋の名月。だが、実際の月は満月になりきっていない。

今日の月齢は 十三・六。明日が十四・六で、明後日が十五・六。ということは、明日が一番満月に近くて、明後日も、今日の月よりはずっと満月に近い。

そういえば、去年も似たようなものだった。昨年の中秋の名月の日は、台風の影響でさっぱりお月見ができなかったのだが、実際の満月は翌日と翌々日に見られたのだった (参照)。暦と月齢がずれるのはちょっちゅうだから、昨年は結果オーライだったわけだ。

で、天気予報を見ると、明日は晴れのち曇りで、満月が見えるかどうかわからず、明後日の方が、曇りのち晴れで期待できそうだ。

|

« 長月二十四日の歌 | トップページ | 長月二十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十五日の歌:

« 長月二十四日の歌 | トップページ | 長月二十六日の歌 »