« 神無月一日の歌 | トップページ | 神無月三日の歌 »

2007年10月 2日

神無月二日の歌

アレグロで日の落ちてより秋の夜はモデラートにて更けて行くなり


本当にいつの間にか秋らしくなってしまっていて、日の暮れるのが早い。ちょっと暗くなったかと思っている間に、ふと気付けばすっかり暮れている。

取手駅西口から国道六号線を越えようとするあたりは、駅前の賑やかさから少し外れるので、ますます日の短さを感じる。

時計を見れば、まだ七時を過ぎたばかり。夏至の頃はまだ十分に明るかったのに。

週間天気予報では、明日はぐずついて涼しいようだが、明後日からは、二十四~五度の気温が続くという。二十五度といえば、「夏日」 と定義づけられているが、今年の夏の暑さが半端ではなかったので、昼時を除けば、十分に涼しく感じるだろう。

|

« 神無月一日の歌 | トップページ | 神無月三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二日の歌:

« 神無月一日の歌 | トップページ | 神無月三日の歌 »