« 神無月二十八日の歌 | トップページ | 神無月三十日の歌 »

2007年10月29日

神無月二十九日の歌

幾たびも訪れしかど足跡を名古屋の街に残さざりけり


今日は名古屋にとんぼ返り出張。昼前に東京駅を発って、お昼休みの終わる頃に名古屋着。で夕方にはまた、新幹線に飛び乗った。名古屋にいたのはほぼ四時間ほどでしかない。

私は名古屋には何十回となく来ているが、実は、名古屋の街をまともに歩いたことがない。いつも駅前からタクシーに乗って、目的地に行き、用事が終われば、またすぐに名古屋駅にタクシーで戻る。

あるいは、名古屋で乗り換えて岐阜方面に向かうだけだったりする。宿泊が必要なときは名古屋駅前のホテルに泊まり、そこをベースに、またタクシーで行ったりきたりするだけだ。

そんなわけで、私は名古屋の地理には徹底的に不案内である。はっきり言って、名古屋駅の中しか知らないみたいなものだ。

東京から新幹線で二時間弱という距離が、そんなとんぼ返り出張ばかりになる所以なのだろう。一度でいいから、ゆっくりと名古屋の街を歩いてみたいと思っているのだが。

写真は、名古屋駅前の大通りから、名古屋駅方向を写したもの。

|

« 神無月二十八日の歌 | トップページ | 神無月三十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十九日の歌:

« 神無月二十八日の歌 | トップページ | 神無月三十日の歌 »