« 神無月十六日の歌 | トップページ | 神無月十八日の歌 »

2007年10月17日

神無月十七日の歌

寶田の恵比寿の神は祭礼の提灯に火の入るを待ちゐる


今日は天気がよくなってしまった。昨日の日記を書いた時点で確認した東京の天気予報は、昨日が曇りで、今日が曇りのち雨ということだったのだが。

実際には、雨は一日早く、昨日の日暮れから振り出してしまって、今朝の時点では止んでいた。で、修正された今日の天気予報は、「晴れのち曇り」 である。

当日と翌日の天気予報は、近頃とてもよく当たるのだが、たまにはこんなこともある。おかげで、今日は夏用のジャケットを着ていても、外を歩くと汗をかく。

宝田恵比寿神社の祭礼で行われる 「べったら市」 が近づいてきた。今週の十九、二十日 (金曜、土曜) の二日間、日本橋にあるこの神社の周辺は、べったら漬を売る屋台と、その他もろもろ (ビールやおつまみの屋台) で賑わう。(参照

ところが週間天気予報では、残念ながら、初日は曇りのち雨、二日目は曇り時々雨となっている。昨日と今日のように、外れてくれればいいのだが。

|

« 神無月十六日の歌 | トップページ | 神無月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十七日の歌:

« 神無月十六日の歌 | トップページ | 神無月十八日の歌 »