« 神無月二十三日の歌 | トップページ | 神無月二十五日の歌 »

2007年10月24日

神無月二十四日の歌

急坂に汗流す間もなき秋は鉄骨増えてゆく造成地


常磐線取手駅西口が、今再開発中である。最近まで、ずらりと月極駐車場になっていたあたりが、整地されて、なにやらビルらしきものも建てられそうな按配だ。

背の高いクレーンが設置され、鉄骨が建てられ、その周りにパイプ材の骨組みもできている。一体何ができるのだろう。

つくばエクスプレスができて、乗客を守谷に持っていかれているから、何ができてもそれほど賑わいはしないような気もするのだが。

今日も晴れ。明日は大阪に日帰り出張。

大阪は午前中は降水確率が高いようだが、私が大阪入りする午後は、二十パーセント程度になる。なんとなく、降られずに済みそうな気がする。

|

« 神無月二十三日の歌 | トップページ | 神無月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十四日の歌:

« 神無月二十三日の歌 | トップページ | 神無月二十五日の歌 »