« 神無月二十五日の歌 | トップページ | 神無月二十七日の歌 »

2007年10月26日

神無月二十六日の歌

常陸野の闇震わせて稲妻のほとばしる雨降りにけらしも


時々止んではいたけれど、基本的に一日中雨。ちょうどいいお湿りぐらいに思っていたが、夕方から急に激しい降り方になった。

上野駅に着くと、常磐線の中距離電車が止まっている。藤代駅の信号機に落雷したのだそうだ。取手駅までは時刻表どおりに運行されていたので、私には影響がなかったが、それより先に帰る人には気の毒なことだった。

常磐線は、昨日も一昨日も少し遅れ気味だった。一体どうなってるんだろう。

|

« 神無月二十五日の歌 | トップページ | 神無月二十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十六日の歌:

« 神無月二十五日の歌 | トップページ | 神無月二十七日の歌 »