« 霜月二十一日の歌 | トップページ | 霜月二十三日の歌 »

2007年11月22日

霜月二十二日の歌

輪郭の際立ちてあり真青なる冬空に立つ新しきビル


寒い。東北では、もう根雪になるんじゃないかというぐらい雪の積もっているところもあるらしい。そうなればなるほど、関東は抜けるような青空なのだが。

ちょっと心配になって、庄内 Cam のリアルタイム画像をのぞいてみたら、さすがに酒田では雪が積もってはいない。しかし、月山に向かう国道 112号線沿いでは、もう既に白い雪が積もっている。

これくらい寒いと、景色のエッジが立って見える。とくに、都会のビルの輪郭が、やたらとスクウェアになっているような気がする。

空気中の水蒸気が多い夏、近くの景色さえぼんやりとにじんで見えるような気がするのとは対照的である。

|

« 霜月二十一日の歌 | トップページ | 霜月二十三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月二十二日の歌:

« 霜月二十一日の歌 | トップページ | 霜月二十三日の歌 »