« 霜月二日の歌 | トップページ | 霜月四日の歌 »

2007年11月 3日

霜月三日の歌

川べりの風待草の白き穂と同じき風を我が頬も受く


朝のうちは寒々しい曇り空で、洗濯物がいつまでも乾かないままだったが、午後になると、一転して明るい秋晴れになった。さすが、晴れの特異日、明治節である。

久しぶりで自宅で静かな一日を過ごしている。ちょっと用足しに出たついでに、遠回りして小貝川の土手を通ってきた。河川敷にススキ (荻という説もあって、私には区別がつかないが) の穂が光っている。すっかり秋になった。

十月一杯は、一重仕立ての春夏用ジャケットを着ていた。総裏仕立ての秋冬物を着て、日中に街を急ぎ足で歩いていると、汗をかいてしまう。それと、混んだ電車の中もかなり暑かった。

しかし、さすがに十一月になってからは、それではちょっと涼しすぎるような気もしてきた。決して寒いという感じではないが、そろそろ、来週の週初めは秋冬物のジャケットを着てみよう。

|

« 霜月二日の歌 | トップページ | 霜月四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月三日の歌:

« 霜月二日の歌 | トップページ | 霜月四日の歌 »