« 霜月八日の歌 | トップページ | 霜月十日の歌 »

2007年11月 9日

霜月九日の歌

霜月の 「平年並み」 を寒々と感ずる今朝の駅までの道


今シーズン、初めて肌寒さを感じた。これまでは、「涼しさ」 を感じたことはあっても、「肌寒さ」 をまともに感じたことはなかったのだが。

ラジオの天気予報を聞いていると、関東は昨日より三度ほど気温が下がるといっていた。それでも、「これでやっと平年並み」 なのだそうだが。

そうだよな。私の子供の頃なんて、十一月は冬の始まりだと思っていたもの。近頃のように、ちょっと動けば汗をかく十一月なんて、別の国のようだ。

というわけで、今朝はジャケットの内側にベストを着て出てきたのだが、結局は途中で脱いでしまった。外を歩き回ったり、建物の中にいたりすると、結局は暑苦しくて、ベストなんか着ていられない。

それでも、帰宅するときはまた、ベストを着たほうがいいかもしれない。多分、電車の中は暑すぎるだろうけれど。

|

« 霜月八日の歌 | トップページ | 霜月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月九日の歌:

« 霜月八日の歌 | トップページ | 霜月十日の歌 »