« 霜月三日の歌 | トップページ | 霜月五日の歌 »

2007年11月 4日

霜月四日の歌

坂東の刈田に落つる雲影の縁は静かに移り行くなり


今日は所用で水戸方面に出かけたが、帰りの常磐道が驚くほど混雑した。

三連休とかいうわけでもない、単なる普通の土日なのだが、紅葉狩りに出かけた人が多かったのだろうか。まあ、先週の週末は土曜日に台風が来ていたし、二日連続で晴れた週末というのは、やはり行楽に出かける人が多かったのだろう。

十一月にはいって、さすがに秋らしさが増してきた。今日は初めて総裏仕立ての秋冬物のジャケットを着て出かけた。

ところが、カーラジオを聞いていると、気象予報士が 「今頃の気温は、ちょうど五月の連休の頃と同じぐらい」 と言っていた。五月の連休の頃と言えば、完全に春夏用ジャケットに着替えている頃である。

寒さに慣れた体と、暑さに慣れた体では、同じ気温でも感じ方が違うらしい。

|

« 霜月三日の歌 | トップページ | 霜月五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月四日の歌:

« 霜月三日の歌 | トップページ | 霜月五日の歌 »