« 霜月一日の歌 | トップページ | 霜月三日の歌 »

2007年11月 2日

霜月二日の歌

妻を亡くし灯火のなき玄関に着くは侘しと漏らす人あり


あっという間に日が暮れた。一日中忙しかったこともあるが、やはり、日が短くなった。

仕事先の T氏は、今年奥さんを亡くした。私の父もそうだが、最近、身の回りで奥さんの方が早死にしてしまう人が目立つ。どういうめぐり合わせだろうか。

日が短くなり、すっかり夜の気配になっていると、灯りのついていない自分の家に入るのが侘しい気がするという。確かにそうだろう。日暮れが早くなると、そうでなくてもなんとなく物悲しい気がするから。

というわけで、今日は屋外の景色を撮影する暇もないうちに暗くなってしまった。帰りに寄ったスターバックスで、今日の和歌日記を書いている。

実はこの和歌ログの、少なくとも十五パーセントぐらいは、スターバックスのテーブルで書いている。

|

« 霜月一日の歌 | トップページ | 霜月三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月二日の歌:

« 霜月一日の歌 | トップページ | 霜月三日の歌 »