« 師走十九日の歌 | トップページ | 師走二十一日の歌 »

2007年12月20日

師走二十日の歌

陽だまりを踏む靴底に微かなる音響きたり銀杏降り積む


多分、これって、ノロウィルスってやつのせいなんじゃあるまいか。一昨日あたりからちょっと腹具合がおかしいと思っていたのだが、昨夜からかなりしんどい。(昨夜の様子は、"Today's Crack" の方に書いてしまったが)

昨夜は早々に風呂に入ってベッドになだれ込み、何年ぶりかで 10時間も寝た。おかげで今日は昨夜よりは少しましだが、それでも本調子じゃない。

本調子じゃないといいながら、今日は休めない仕事があるので、都心に出てきている。因果なことである。

都心のイチョウ並木も、かなり落葉がすすんだ。陽だまりには、黄葉したイチョウの葉が積もっている。私は落ち葉をカサカサと鳴らして踏んで歩くのが好きなので、このまま掃除なんかしないでもらいたいのだが。

|

« 師走十九日の歌 | トップページ | 師走二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十日の歌:

« 師走十九日の歌 | トップページ | 師走二十一日の歌 »