« 師走二十四日の歌 | トップページ | 師走二十六日の歌 »

2007年12月25日

師走二十五日の歌

葉を落とし黒き地肌を晒しつつ銀杏は今日の木枯らしを受く


朝から曇がちなので、風が冷たい。四日ぶりに都心にやってくると、歩道のイチョウ並木はさすがに落葉がすすんでいる。

それでも、丸裸に近くなった木もあれば、まだ黄葉しきらないで、薄緑の葉に覆われている木もある。ビル街は、日当たりや風の通り道の具合で、ほんの二十メートルぐらいの距離の場所でも、コンディションに違いが出るようだ。

街の様子もかなり押し詰まってしまっている。あとは今年最後の後片付けをすればいいという風情だ。

|

« 師走二十四日の歌 | トップページ | 師走二十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十五日の歌:

« 師走二十四日の歌 | トップページ | 師走二十六日の歌 »