« 師走十六日の歌 | トップページ | 師走十八日の歌 »

2007年12月17日

師走十七日の歌

冬晴れの木枯らしの道横切りて飛行機雲はうねうねと行く


今日は自宅で仕事。昨日は滋賀県まで日帰り出張という強行軍だったから、今日はゆったりと仕事したい。

裏の川では拡幅工事で、古い土手の取り壊しをしているし、表の道路では下水工事、ちょっと先では排水溝設置工事と、最近我が家の周囲は工事だらけで、平日に家にいると、騒音と振動で大変だ。

外に出ると、木枯らしである。かなり冷たい風だ。今年のあの暑い夏のさなかは、冬なんて来ないんじゃないかと思うほどだったが、えらいものである。ちゃんと冬は来た。

土手の工事の向こう側に、うっすらと飛行機雲が見える (写真では縦の線になっている)。上空でも風が強いせいか、ぐにゃぐにゃに曲がって伸びている。

|

« 師走十六日の歌 | トップページ | 師走十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走十七日の歌:

« 師走十六日の歌 | トップページ | 師走十八日の歌 »