« 師走二日の歌 | トップページ | 師走四日の歌 »

2007年12月 3日

師走三日の歌

朝霧の白きの内に枯れ草も常葉の色も未だ眠るか


今朝目を覚ましたらとても濃い朝霧が出ていたの。朝霧が出たら、その日は上天気になることが多いが、何事にも例外はある。どうもはっきりしない天気になっている。

車で自宅を出て、田んぼの中の近道を通って駅に向かったら、思いのほか霧が濃いままで残っていて、のろのろ運転しなければならなかった。これだと、近道の意味があまりない。

天気予報では、昼頃に短時間だけ雨になると言っていたのだが、十時前からしっかりと降り出した。昼を過ぎてもまだしとしとと降っている。

朝の霧がそのまま雨になるのでは、まるで山の天気みたいだ。しかし、このところのカラカラ天気で少しのどの具合がおかしかったので、この湿り気はありがたい。

|

« 師走二日の歌 | トップページ | 師走四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走三日の歌:

« 師走二日の歌 | トップページ | 師走四日の歌 »