« 師走十五日の歌 | トップページ | 師走十七日の歌 »

2007年12月16日

師走十六日の歌

筑波より望みし富士の頂の裾野はかくも広がりてあり


0712161

今日は滋賀県に出張。仕事が長引いたら泊まりになるかもしれないと思っていたが、なんとか日帰りできた。その代わり、かなりな強行軍である。

往路では、窓から富士山がきれいに見えた。最近はちょくちょく東海道新幹線に乗っているが、こんなにきれいに見えたのは本当に久しぶりである。

一昨日までは、十六日は曇がちとの予報だったが、昨日には晴れと変更になっていた。さすがに間近で見る富士山は、雄大である。

ところが、滋賀県というところは琵琶湖があるので、日本海側からの季節風が素通りになる。昼前に名古屋方面から琵琶湖に近づくにつれて、空がどんどん重苦しく灰色に垂れ込める。

こりゃ、下手したら雨どころか雪になるかもしれないと思ったが、着いてみれば青空が広がっている。そういえば、私は晴れ男だったと、ほっとする。

|

« 師走十五日の歌 | トップページ | 師走十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走十六日の歌:

« 師走十五日の歌 | トップページ | 師走十七日の歌 »