« 睦月十七日の歌 | トップページ | 睦月十九日の歌 »

2008年1月18日

睦月十八日の歌

田子山は低きにあらず敷島の大和の富士を秘めて坐 (いま) せば


今日も関東のドサ廻り。いやはや、寒かった。多分、今日がこの冬の関東で一番寒い日ということになるんじゃあるまいか。

埼玉県志木の敷島神社というところに、田子山富士というものがある。富士塚というものだそうだ。

富士塚は Wikipedia では、「富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚」 と説明されている (参照)。道理で、関東に来るとあちこちに 「何とか富士」 と称するこんもりしたものがあると思ったが、そういうことだったのか。

大抵は頂上に浅間神社が祀られているというので、もしかしたら、今年の元日に写真を載せた私の地元の浅間神社も、富士塚なのかもしれない (参照)。

志木の田子山富士は、高さ約八メートル、円周百二十五・三メートルだそうである。詳しい解説は、こちら にある。

|

« 睦月十七日の歌 | トップページ | 睦月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十八日の歌:

« 睦月十七日の歌 | トップページ | 睦月十九日の歌 »