« 睦月八日の歌 | トップページ | 睦月十日の歌 »

2008年1月 9日

睦月九日の歌

晩秋の姿のままで寒中の銀杏は受くる早春の風


三が日の過ぎたあたりから、晴れたり曇ったり、周期的に天気が変わっている。とくに週明けからは日替わりで晴れたり曇ったり、ちょっと降ったり、忙しい天気だ。

で、今日は曇の番なのだが、昼から晴れるという予報である。ところが、雲の取れ方がのんびりしていて、なかなかすっきりとした晴天にならず、肌寒い。

しかし、こういう周期的に変わる天気というのは、春先あたりの特徴じゃなかったか? 温暖化が進んで、寒に入ったばかりだというのに、春先の様相を示しているのだろうか。

さすがに都心のイチョウも落葉を完了したと思っていたのだが、今日歩いたところで、秋のようなイチョウを見つけた。黄葉した葉をまだまだたくさんまとっている。周りの木にもも寂しげにチラホラと葉を残した木があるが、この木は特別だ。

よほど日当たりと風の具合に恵まれたポイントなのだろうか。早く葉を落とさないと、春になってから新しい葉を付けられないんじゃないかと、余計な心配をしてしまったほどだ。

|

« 睦月八日の歌 | トップページ | 睦月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月九日の歌:

« 睦月八日の歌 | トップページ | 睦月十日の歌 »