« 睦月二十九日の歌 | トップページ | 睦月三十一日の歌 »

2008年1月30日

睦月三十日の歌

睦月とはかくも短き月なりき春思はする風にそを知る


一月ももう三十日になってしまった。ちょっと前までは、一月というのは長く感じる月だったのだが、それもだんだん短く感じるようになってきた。ふぅむ。

で、今日は妙に暖かかった。昨日までは冷たい風に震えていたのだが、今日は風が心地よい。まるで春の風だ。そしてまた明日からは寒中の気温に戻るという。なかなか忙しいことである。

日が暮れてから近所のショッピングセンターに寄った。なんとなく空気が朧のような気がする。いかんいかん、これで春のようなつもりになったら、明日からまた震えることになる。

|

« 睦月二十九日の歌 | トップページ | 睦月三十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月三十日の歌:

« 睦月二十九日の歌 | トップページ | 睦月三十一日の歌 »