« 睦月十六日の歌 | トップページ | 睦月十八日の歌 »

2008年1月17日

睦月十七日の歌

生垣に少しく積もる初雪のさほど冷たきものにもあらず


朝起きて窓を開けると、世界が白くなっていた。夜のうちに雪が降ったようだ。

雪になるという天気予報は聞いていなかった (もしかしたら、少しは触れたのかもしれないが) ので、さすがに驚いた。

今月十二日に、雨の中にほんの少しだけ雪が混じったような気がするという人もいるが、はっきりと誰もが認める降り方としては、これがこの冬の初雪だろう。

ただ、この雪もあっという間に解けてしまうのだろう。東京都心では、どこにも積もっていないし。

|

« 睦月十六日の歌 | トップページ | 睦月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十七日の歌:

« 睦月十六日の歌 | トップページ | 睦月十八日の歌 »