« 睦月九日の歌 | トップページ | 睦月十一日の歌 »

2008年1月10日

睦月十日の歌

昼時の街の人波見下ろして阿呆阿呆と烏鳴くなり


今日は夜明け方がとても寒かったが、その分、真っ赤な朝日と一面に霜の降りた光景がとても美しかった。ところが、朝から時間に追われてばたばたしてしまったので、せっかくの美しい光景の写真を撮りそびれてしまった。残念。

都会の景色は、とくにこの季節の場合は代わり映えしないので、あまり面白くないのだが、今日はちょっと変わった写真が取れた。

昼時に神田の道路を歩いていると、頭のすぐ上から、「アホウ、アホウ」 という声が聞こえる。本当に 「アホウ、アホウ」 と言っている。

見上げると、信号機の上にカラスが止まっていて、昼食に出た人の波を偉そうに見下ろしながら、阿呆呼ばわりしている。道理で、カラスというのはあまり可愛がられないわけだ。

|

« 睦月九日の歌 | トップページ | 睦月十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十日の歌:

« 睦月九日の歌 | トップページ | 睦月十一日の歌 »