« 睦月三日の歌 | トップページ | 睦月五日の歌 »

2008年1月 4日

睦月四日の歌

そろそろと心の底にむず痒きもの湧き来たり正月四日


三が日が終わり、世の中がようやく動き始めた。私も久しぶりに仕事のリハビリ開始である。

喪中の葉書を出しているので、今年は年賀状が少ない。来るのは営業年賀状ぐらいかと思っていたが、それでも、親戚や知人からのも何枚か届いた。

喪中葉書を出しても、やはりつい書いて寄こす人はいるものである。もっとも、喪中で年賀状を控えるのは当人だけなのだそうである。だから、自分からは年賀状は出しませんよという通知を送るのであって、そちらからも寄こすなとは、一言も書いていないわけなのである。

だから、喪中の人に年賀状を出しても、決して礼儀にはずれているわけではないということらしい。

今日も快晴のうちに暮れた。明日は冬型が崩れて、南風が入り、暖かくなるという予報である。

|

« 睦月三日の歌 | トップページ | 睦月五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月四日の歌:

« 睦月三日の歌 | トップページ | 睦月五日の歌 »