« 如月十八日の歌 | トップページ | 如月二十日の歌 »

2008年2月19日

如月十九日の歌

タクシーは旧正月を過ぎてなほイルミネーションの下をこそくぐれ


今日は出がけに車が久しぶりにパンクしてしまい、難儀なことだった。このパンクについては、今日付の "Today's Crack" の方にいろいろ書いておいたので、興味のある方はどうぞ。

タイヤ交換に手間がかかって、仕事場に着くのに 1時間ほど遅刻。その分、午後は大わらわだった。

空は晴れ渡っているが、風は相変わらず冷たい。明日から今週いっぱいはやや暖かくなるというが、本当だろうか。多少暖かくなっても、来週からはまた冬の寒さだというので、あまり期待しないでおこう。

日が暮れて取手駅に戻ってきて、ふと気付いたのだが、西口のイルミネーションが、クリスマスの頃からずっとそのままだ。旧正月も過ぎたているので、もしかして、このイルミネーションは年間通して飾りっぱなしなのだろうか。

|

« 如月十八日の歌 | トップページ | 如月二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十九日の歌:

« 如月十八日の歌 | トップページ | 如月二十日の歌 »