« 如月十四日の歌 | トップページ | 如月十六日の歌 »

2008年2月15日

如月十五日の歌

新しき土手に菜の花咲く日まで幾つの春を我は越すらむ


我が家の裏を流れる川の拡幅工事が、いよいよ最終段階にさしかかっている。

写真で、川の真ん中に中州のように見えているのが、元々あった土手の崩されていく姿である。その向こう側に、新しい堤防ができていて、古い土手はどんどん掘り崩されて、姿を消していく。

以前は、「裏の小川」 と言っていたのだが、これからは、「裏のフツーの川」 と言おうか。

大雨が降っても、以前より水位の上昇の心配がなくなるのはありがたいが、春になっても向こう岸に乱れ咲く菜の花が眺められないのは寂しい。こちら側の土手から種が飛んで、向こう側にも咲くようになるまでに、どのくらいかかるだろう。

|

« 如月十四日の歌 | トップページ | 如月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十五日の歌:

« 如月十四日の歌 | トップページ | 如月十六日の歌 »