« 如月二十七日の歌 | トップページ | 如月二十九日の歌 »

2008年2月28日

如月二十八日の歌

シルバーの電車は坂東の春の日と風を切り裂き北へと向かふ


明日から三月のような気がしていたが、今年は閏年なので、三月は明後日からである。なんとなく、月末の原稿締め切りを一日得したような気がしている。

三月は明後日からとはいえ、今日の陽気は三月下旬の暖かさになるそうだ。電車の窓から見上げる空も、春らしい色になっている気がする。

晴れているだけに、放射冷却で夜明けは寒いが、日が昇るにつれてぽかぽかした感じになってくる。風もそれほど冷たくはない。

その空の下を、反対方向に行く中距離電車が駆け抜ける。車体のシルバー部分が、陽光を反射してまぶしいほどだ。春の風がさらに加速している。

いよいよ本格的な春になろうとしている。

|

« 如月二十七日の歌 | トップページ | 如月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十八日の歌:

« 如月二十七日の歌 | トップページ | 如月二十九日の歌 »