« 睦月三十一日の歌 | トップページ | 如月二日の歌 »

2008年2月 1日

如月一日の歌

何事もなき一日の暮れて行く空に僅かに春の色見ゆ


だいぶ日が長くなった。冬至の前は夕方四時にはかなり暗くなっていたが、今は五時を過ぎても写真のようなものである。空はまだまだ明るい。

とはいえ、風はまだまだ冷たい。確かに正月三が日ぐらいまでは暖冬だったような気がするが、それからこっちは、かなり寒い。

近頃、ダイエットがうまくいっていて、かなり腹の周りが絞れたような気がする。おかげで、夕暮れの街をさっそうと気分よく歩けるのがありがたい。やはり、体は軽い方がいい。

週末だが、私には土日は関係ない。今日も帰宅してからまだまだ仕事がある。なかなか面倒なことだが、体調がいいのであまり苦にならない。ありがたいことである。

|

« 睦月三十一日の歌 | トップページ | 如月二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月一日の歌:

« 睦月三十一日の歌 | トップページ | 如月二日の歌 »