« 如月十五日の歌 | トップページ | 如月十七日の歌 »

2008年2月16日

如月十六日の歌

「余寒の候」 と自動入力さるる日のビジネスレターに春を待つなり


今日はほとんど家でデスクワーク。休日というわけではないが、どこにも出かけなくても済むので、たまった疲れを取る絶好の機会だ。

夕方に、気分転換を兼ねて近くのホームセンターに買い物に出かける。

一日いい天気だと思っていたが、南西の方角から黒い雲が広がってきている。ラジオで、神奈川のあたりで雪を降らせる雲が発生して広がっていると言っていたが、それが茨城まで伸びてきたようだ。

とはいえ、つくばの地では雪が降るまでには至らなかった。ありがたい。

立春以後、主に 「春の歌」 というカテゴリーで歌を詠んでいるが、実際にはまだまだ風が冷たい。ワープロでビジネスレターを書き出すと、時候の挨拶は自動的に 「余寒の候、貴社ますますご清栄のことと……」 と自動入力される。今の世は便利なものである。

来週の半ばからは、少しは暖かくなるというので、それが楽しみだ。毎年二月の半ばを超えると、春めくのが待ち遠しい。

|

« 如月十五日の歌 | トップページ | 如月十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十六日の歌:

« 如月十五日の歌 | トップページ | 如月十七日の歌 »