« 弥生十六日の歌 | トップページ | 弥生十八日の歌 »

2008年3月17日

弥生十七日の歌

数多き蕾の中のいくつかを先に咲かせて我を呼ぶ梅


さしも遅咲きの我が家の庭の梅も、昨日の暖かさに反応してか、ついに咲き始めた。

もしかしたら一昨日のうちに咲き始めたのかもしれないが、なにしろパソコンが壊れて新しいのを設定するのにおおわらわで、いつ咲き始めたのかは全然わからない。

今朝見たら、確かに咲いているということでしかなく、まったくの無風流である。

今年は蕾の数がとても多い。あと何日かしたら満開になって、さぞかし綺麗だろう。ただ、明るいうちに自宅にいられるかどうかが問題だ。暗くなってしまうと、写真が撮れない。

|

« 弥生十六日の歌 | トップページ | 弥生十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十七日の歌:

« 弥生十六日の歌 | トップページ | 弥生十八日の歌 »