« 弥生七日の歌 | トップページ | 弥生九日の歌 »

2008年3月 8日

弥生八日の歌

ひむがしの日を柔らかに包みつつ霞みたなびく春は曙


我が家の裏を流れる川の拡幅工事はすっかり終わったようで、階段の踊り場から眺める景色が様変わりしてしまった。

前は 「裏の小川」 と言っていたが、これからは 「裏のフツーの川」 と言わなければならない。見た目はすっきりしたが、おもむきというものはなくなった。

まあ、これから何年かかけて、この土地の風土を取り入れ、「フツーの川」 から 「この土地の川らしい川」 に変わっていくのだろう。

朝から雲一つない快晴。しかし、低いところは白くもやがかかって、いかにも春の空である。明日は水戸の偕楽園に観梅に出かける。見頃には少し早いようだが、楽しみだ。

|

« 弥生七日の歌 | トップページ | 弥生九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生八日の歌:

« 弥生七日の歌 | トップページ | 弥生九日の歌 »