« 弥生二十七日の歌 | トップページ | 弥生二十九日の歌 »

2008年3月28日

弥生二十八日の歌

日溜まりといふ名の池に肉厚の木蓮の白幾重にも浮く 


取手駅西口ロータリーの木蓮が満開だ。つくば方面の桜は、まだ七分咲きだが、木蓮は見事な咲きっぷりである。

ロータリーにはペデストリアンデッキがあり、この満開の木蓮を上から見下ろすことができる。上から見ると、なるほど、「木の蓮」 と名付けた気持ちがわかる。

乱れ咲く木蓮は、幾重にも錯綜した水面に浮く蓮のようにも見える。

春になると、植物や動物が一斉に動き出すのが、なんだか晴れがましくさえ思える。

|

« 弥生二十七日の歌 | トップページ | 弥生二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生二十八日の歌:

« 弥生二十七日の歌 | トップページ | 弥生二十九日の歌 »