« 弥生十日の歌 | トップページ | 弥生十二日の歌 »

2008年3月11日

弥生十一日の歌

朝霧の未だ晴れざる対岸の日の気配のみいや昇り行く


昨夜遅く帰宅した頃から、つくば周辺は濃い霧に包まれていて、それは夜が明けてからもしばらく晴れなかった。

この写真は朝八時頃に、我が家の裏の川を写したもの。普段は対岸の景色がきれいに見渡せるのだが、今朝は対岸を見るのがやっとだ。

しかし、朝霧はお天気の前触れという相場通り、九時を過ぎた頃からどんどん霧が晴れ、気温も上がり始めた。

今日は、一日がかりで確定申告の書類を作る日ということにしてあるため、何も予定を入れていない。というわけで、いくら天気が良くても、部屋にこもりきりである。

庭の梅の木を見ると、蕾はかなり膨らんできているものの、まだ一輪も咲いていない。相変わらず、我が家の梅は遅咲きである。

|

« 弥生十日の歌 | トップページ | 弥生十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十一日の歌:

« 弥生十日の歌 | トップページ | 弥生十二日の歌 »