« 弥生四日の歌 | トップページ | 弥生六日の歌 »

2008年3月 5日

弥生五日の歌

この街に風の道ありその道の只中に立つ旗の幸ひ


朝の天気予報で、今日は冬の寒さに戻るというようなことを言っていたが、それほどでもない。さすが啓蟄の日である。

最高気温は一桁の九度と予想されているが、日向にいればむしろ暖かい。ただ、風の通り道にあたる道路では、冷たい風が吹いている。

この写真でも、煙草の自動販売機の前に立ててある 「お弁当」 の旗が、千切れんばかりにはためいている。ところが、この手前の道を曲がったところのクリーニング店の前の旗は、だらりと垂れ下がったままだ。

街というところには、目には見えないが複雑に入り組んだいろいろの道があるらしい。

|

« 弥生四日の歌 | トップページ | 弥生六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生五日の歌:

« 弥生四日の歌 | トップページ | 弥生六日の歌 »