« 弥生二十三日の歌 | トップページ | 弥生二十五日の歌 »

2008年3月24日

弥生二十四日の歌

液晶の光溢るるこの街の雨の香りを運び去る風 


先週の前半までは、もうすっかり春の陽気になったと思っていたが、急に冷え込んでしまい、今日も夕方までは冷たい雨が降った。

日が沈む頃になって雨はすっかり上がったので、明日はいい天気になるだろう。

仕事の帰りに秋葉原のヨドバシカメラに寄って買い物をした。写真は JR 秋葉原駅のホームから移したものである。

近頃の秋葉原は、大きなインテリジェントビルが建ち並んで、すっかり様変わりだ。高校生ぐらいの女の子たちが、「秋葉原に行きたいね」 なんて話している。メイドカフェに行ってみたいんだそうだ。

|

« 弥生二十三日の歌 | トップページ | 弥生二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生二十四日の歌:

« 弥生二十三日の歌 | トップページ | 弥生二十五日の歌 »