« 弥生十八日の歌 | トップページ | 弥生二十日の歌 »

2008年3月19日

弥生十九日の歌

彼岸とは寒さの戻るものにして明くれば春の風ぞそよ吹く


「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」 という正岡子規の句があるが、今年の彼岸の入りは妙に暖かかった。

このまま暖かくなってしまうのかと思っていたところ、やはり、春の彼岸は寒くなる。今朝は冷たい風に驚いた。

天気予報も昨日とは変わってしまって、夕方から雨が降り始めると言っていたが、夕方の前にはもう降り出してきた。

このまま、明日は冷たい雨の春分の日となりそうだ。彼岸の入りではなく、彼岸の中日が寒いということになる。久しぶりに世間並みに休める休日になりそうだが、考えてみれば、早めに仕上げておかないと大変なことになりそうな原稿がある。結局のところは、休みでも休めないということになりそうだ。

写真は、信号待ちの時に撮ったもの。運転しながらではないので、ご安心を。

|

« 弥生十八日の歌 | トップページ | 弥生二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十九日の歌:

« 弥生十八日の歌 | トップページ | 弥生二十日の歌 »