« 弥生十四日の歌 | トップページ | 弥生十六日の歌 »

2008年3月15日

弥生十五日の歌

雪残る比叡の山に詣づれば仏耶諸聖も我を悦ぶ


今日はすべてスムーズに進んだ。やはり、昨日までのゴタゴタは、比叡山に詣でるにあたっての厄落としだったのだということにする。

朝一番に、米原から琵琶湖の対岸、坂本に移動。そこからケーブルカーで比叡山に登る。乗り継ぎは極めてスムーズ。

ノート PC が壊れたので、帰りに秋葉原に寄って新品を買わなければならない事情があり、比叡山には昼までしかいられず、大急ぎの参拝だったが、それでも、東塔と西塔は廻ることができた。横川まで行けなかったのが残念だが、また来るときの楽しみにしておこう。

写真は、西塔の釈迦堂への長い石段を降りつつ写したもの。途中の山道はまだ雪が残っていて、なかなかのものだった。

阿弥陀堂で、阿弥陀如来像と向き合って座り、しばらくゆったりとしていたかったが、五分ぐらいしかそうしていられなかったのが残念。また今度ゆっくり来たいところだが、次は高野山に行きたいので、いつになるかわからない。

帰りの乗り継ぎも、よく調べたわけでもないのに、理想的にスムーズに進み、夕方六時に秋葉原のヨドバシカメラに駆け込み、首尾良く新しいレッツ・ノートを買うことができた。

さあ、これから設定が大変だ。

|

« 弥生十四日の歌 | トップページ | 弥生十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十五日の歌:

« 弥生十四日の歌 | トップページ | 弥生十六日の歌 »